特別企画「地域創りの可能性を現場で思考する」ご参加ありがとうございました。

2017年5月13日(土)ビジネスプラス展 in SEKI2017にて、関の工場参観日特別企画「地域創りの可能性を現場で思考する」が開催されました。

モノではなく、「人」と「場所」に光をあてる

第一部では、BEPPU PROJECTで手がけた「混浴温泉世界」「Oita Made」や海外での事例を交え、商品自体ではなく、商品を作った生産者や商品が作られた場所や環境に目を向けること、成果が「数値」で見えるようにすることが成功・継続のカギであることなどをご講演頂きました。

第二部は、関の工場参観日プロデューサー村澤一晃氏、そして出展事業者でもある株式会社佐竹産業、義春刃物株式会社の若手経営者も含めた4名による対談形式で行われ、全てにおいて「ビジョン」が大切であること、行政とのつながり方、広報&情報発信の具体的な展開など、関の工場参観日という取り組みを通じた地域活性化へのアドバイスも多く頂きました。

(昨年同様、工場の設備等を利用してレイアウトした特設会場)

あいにくのお天気での開催となりましたが、ご来場頂いた皆様、開催・設営にご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。

8月の工場参観日開催に向け、実行委員会での各企画の検討・調整もいよいよ最終段階に入って参りました。
どうぞご期待ください。

こちらの記事もよく読まれています。

  1. 関の工場参観日2017しおり(公式パンフレット)
  2. インスタグラム写真コンテスト 結果発表!
  3. 関の工場参観日2017 instagram写真コンテスト
PAGE TOP