ものづくりやデザイン、地場産業の魅力について一緒に考えませんか?
関の工場参観日 トークイベント 11月16日(土)

関の工場参観日2019 トークイベント

参加のご予約はこちら

PDFダウンロード

アピセ関多目的ホールでは、ゲストを迎え対談形式のトークイベントを開催します。ものづくりやデザイン、地場産業について一緒に考えてみませんか?

日時:11月16日(土)
場所:アピセ関多目的ホール
料金:無料
申込み:ホームページより(当日参加可ですが、席に限りがあるため事前のご予約をお願いします。)

産地の魅力を伝え方(10:30-12:00)

持続可能な産地づくりを「RENEW」の事例から学ぶ
新山直広(TSUGI代表 デザインディレクター)

1985年大阪生まれ。大学て建築を学び、2009年福井県鯖江市に移住。鯖江市役所を経て2015年TSUGI lie. を設立。地域特化型デザイン事務所として主に地域産業のブランディングを行い、産業観光イベント「RENEW」の運営など、領域を横断しながら創造的な産地づくリを実践している。2019年4月、福井のものづくリとデザインを体感できる小さな複合施設「TOURISTORE」をオープン。

参加のご予約はこちら

つながる工場と暮らし(13:00-14:30)

全てがダイレクトに繋がる時代の作り方と伝え方
青木亮作(左)プロダクトデザイナー・ディレクター/共同代表
治田将之(右)プロダクトデザイナー・ディレクター/共同代表

TENTは、プロダクトデザイン事務所、生活雑貨メーカー勤務を経てフリーランスとして活動していた治田将之と、OLYMPUSとSONYを経て独立した青木亮作が2011年に結成したプロダクトデザインユニット。デザイナーおよびクリエイティブディレクターとして象印STAN.シリーズのほか、フライパンジュウ、NuAnsやDRAW A LINEなどを担当。iFデザイン賞金賞をはじめ、国内外の賞を多数受賞するほか、メーカーとして自社製品の製造販売も行う。

参加のご予約はこちら

地域と働く人を繋げる(15:00-16:30)

「日本仕事百貨」を通して見えたもの -これからの地域での働き方-
ナカムラ ケンタ(日本仕事百貨代表/株式会社シゴトヒト代表取締役)

1979年東京生まれ。生きるように働く人の求人サイト「日本仕事百貨」代表。シゴトヒト文庫ディレクター、2014- 2016年グッドデザイン賞審査員、2018年IFFTインテリアライフスタイルリビングディレクター。東京・清澄白河「リトルトーキョー」監修。誰もが映画を上映できる仕組みpopcorn共同代表。著書「生きるように働く(ミシマ社)」。

参加のご予約はこちら

関のものづくりに触れる限定マーケット「SEKI SELECT STORE」も登場!
おいしい珈琲や飲食ブースもお楽しみください。

関の工場参観日に参加する企業の商品を中心に、 関でつくられた道具や製品を展示販売いたします。また、 関市内や周辺地域からおいしいコーヒーや軽食が楽しめる飲食店の出店も。どうぞごゆっくリお過ごしください。

日時:11月16日(土) 10:00-17:00
場所:アピセ関南側駐車場
出店:カフェ・アダチ / panbiyori hu / DOG&DOG / ベビーダ / かしここBAKE / SIKAKU

※ アピセ関館内は飲食禁止です。
※ 南側駐車場のみ特例として飲食許可をいただいておリます。飲食は必ず屋外で済ませていただきますようお願いいたします。

お申込について(参加無料)

以下フォームからご予約ください。当日参加も可能ですが、会場座席に限りがあるため事前のご予約をお願い致します。

参加のご予約はこちら

PAGE TOP