image01

今年で4回目を迎える「関の工場参観日」。こちらのページでは、関市内の事業所向けに、工場参観日の趣旨、過去の開催概要・企画、参加するメリット、よくあるQ&Aなどをご紹介しています。

工場参観日趣旨

関の産業の活性化と人材育成のためには何が必要なのか?それは、多くの方に知ってもらう機会の創出です。関の工場参観日は、関市が全国へものづくり情報を発信し、その魅力を共有するためのプラットフォームとなっています。

工場参観日とは?

関市の事業所の高い技術力や高品質な製品を、市民や国内の多くの人々に直に体感し、個性ある経営者や職人、関のすばらしいものづくりを知ってもらう取り組みです。会期中、市内参加事業所の工場、ショールームなどを解放し、ものづくりの現場を見学したり体験したりします。

「ものづくりの知恵や誇りを、地域づくりのエネルギーへ変えてほしい」

「関の工場参観日」は、今年で4回目の開催を迎えます。工場参観日は、関市の後継者づくりの一環としても取り組んでおり、知以外の人たちだけでなく、地元の学生や子どもたちに職人の技の凄さを見てもらい、地元の伝統を継承してもらえればと期待するものです。参加していただく事業所の皆さんにとっても、参観者に内容を説明するために自社の仕事を見つめ直し、誇りや責任を強くする機会になるとも聞いております。こうしたものづくりの知恵や誇りを、継続的な地域の価値、地域づくりのエネルギーへ変えていくために、参加事業所の皆さんの企画や姿勢を生かしたと思っています。工場参観日のイベントを通して、地域を創り上げていきたいと思いますので、皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。

関市長 尾関健治

これまでの来場者数について

開催年度 参加事業所 来場者数
第1回 平成26年(3日間) 17社 1,800人
第2回 平成27年(4日間) 25社 3,600人
第3回 平成28年(4日間) 27社 3,800人

 

【資料請求はこちら】
事業者様向けガイドブックや各種資料を無料でお送りします。

PAGE TOP