SHARE Twitter Facebook Line

株式会社ヤクセル「デザイン力と職人の高い技術で国内外に認められる、刃物とキッチン用品メーカー」

【オンライン工場見学放送予定時間 11月20日 14:00〜14:40】

包丁をはじめとする、刃物やキッチン用品の開発から製造まで行なっている「ヤクセル」。

使いやすさと美しさを兼ね備えた商品をデザインし、お客さまの要望にプラスアルファの提案を加え、熟練の職人の技術でかたちにします。

自社ブランドだけではなくOEMの商品も生産しているので、みなさんも気がつかないうちに手にしているものがあるかもしれません。

日本国内に止まらず、海外のファンも多く、幅広いお客さんに信頼されて90年近く続いてきた老舗のメーカーです。

 

職人の手作業により生み出される高級包丁は一日に数百本

ヤクセルさんでは様々なキッチンツールを開発、製造していますが、中でもメインで製造しているのが包丁。

関市の包丁づくりは分業制が特徴です。いくつかの工程を経て最終工程を迎えますが、その時点ですでに包丁の刃の部分と柄の部分がそれぞれ完成型に近いように見えます。

しかし、見た目は包丁の形をしていても、たくさんの手間をかけないと製品として出荷することはできません。

美しく切れ味のよい包丁にするために、洗浄、磨きをかけることはもちろん、柄の部分においても妥協を許さず、職人の手作業によって、滑らかな手触りと光沢を実現します。

 

そして「包丁に命を吹き込む」ともいわれるほど重要な工程が「刃付け」。

包丁の切れ味を決めるため、熟練の職人さんだけが任されています。

オンライン工場見学では、その切れ味が一目瞭然でわかるシーンもありますので、ぜひ包丁に命が吹き込まれる瞬間をお見逃しなく!

このように、ヤクセルさんでは20名ほどの職人さんが一本一本手作業で包丁をつくっているため、一日に生産できる本数は数百本に限られるのです。

 

 

手彫りの銘は海外のお客様にも大人気

 

工場内で一際目を引く工程がありました。「銘切り(めいきり)」と呼ばれる工程です。

トントンと小気味よいリズムで、完成した包丁に何かを刻んでいる様子ですが…

 

なんと一画一画手作業で包丁にを刻んでいました!

「銘切り」はヤクセルの高級包丁の証です。

 

驚くべきは、下書きなどはなく見本の字を目で見て彫っていること。

レーザー加工では表現することができない、止めや払い、彫りの深さまで緻密に表現されており、世界に一本だけの包丁があっという間に完成しました。

日本の高い技術が詰め込まれた包丁は海外のお客様にも大人気です。

 

オンライン工場見学の見どころは…?

 

オンライン工場見学では実際に包丁を作っている職人さんの案内で、包丁が様々な工程を経て、美しく、切れ味がよくなっていく様子をじっくりと見ることができます。

ものづくりの現場の職人さんの案内なので、解説がとてもわかりやすく、加工前と完成した包丁を比べるシーンでは、きめ細やかな職人の技術が一目でわかりますよ。

動画を見た後は、ご家庭で使っている包丁をもっと大切にしたくなるはずです。

企業情報

社名
株式会社ヤクセル
住所
〒501-3253 岐阜県関市栄町2丁目41番地
TEL
0575-22-3411
WEB
https://www.yaxell.co.jp/